Kawataka’s diary

週末と休日メインで更新中

三重県立白子高校吹奏楽部 プレサマーコンサート

午後から白子高校吹奏楽部のプレサマーコンサートへ行ってきました。
会場はいつもの三重県文化会館大ホール 客席は3階席まで満席。
14:00開演、15分休憩をはさみ16:15終了の二部構成。

第Ⅰ部
 コパカバーナ
 演歌メドレー
 未来に響け
 2019中日吹奏楽コンクール課題曲より「双頭の鷲の旗のもとに」
 ミュージッククイズ(アンサンブルを演奏しながら出題)
 騎士竜戦隊リュウソウジャー
 翼をください

第Ⅱ部
 2019全日本吹奏楽コンクール課題曲より「あんたがたどこさ」
 パプリカ
 情熱大陸
 プレサマー運動会(ラジオ体操第一と地獄のオルフェだったかと)
 ヴェルディのレクイエム
 かっぽれ佞武多

アンコール
 課題曲より「マーチ エイプリル・リーフ」
 風になりたい


白子高校は吹奏楽コースを持っており、一学年40名前後のはず。メンバーを数えてみたら第一部は100名を超える人数(106名?)、第二部は60名弱でした。
したがって、第一部は2年3年に加えて入学3か月目の1年生が20名くらい出場していたことになります。おそらく経験者と思います。たしかに第一部は若干ぎこちないところがあったようですが、受験勉強のブランクがありながら、2か月足らずの練習でベテランの先輩達と一緒に演奏するところまでレベルを引きあげたのはさすがとしか言いようがない。
第二部の60名はコンクールメンバー候補なのかもしれません。チューバ4本に弦バス3本と低音が目立つ編成でした。コンクール本番がどうなっているのか楽しみです。

コンクール課題曲は会場で当日アンケートをとって決めていました。ということは直前までメンバーは何を演奏するかを知らされていないはず。それでも普通に演奏してました。レベル高い。
レクイエムはかなり本気の演奏でした。今年のコンクール曲? だととしたら今日はホール練習ってことでしょうか。
あと、アンコールのエイプリル・リーフが良かった。コンクール本番だったら緊張感がただよう演奏になるのですが、今日はコンサートをやり終えた直後の演奏だから、指揮者もメンバーもリラックスして盛り上がっていてノリノリの演奏でした。

ミュージッククイズは、サックス、フルート、クラリネット金管、打楽器、弦バスが1曲ずつ演奏してその曲のタイトルや作曲者などを二択で問う形式でした。かなり本気な出題で、さすが白子高校と思いましたが、最終7問目はクラリネットの新入部員の中学生時代の部活を問う、というまさかの内輪ネタでした。
 問:もりしたさんはソフトボール部?or陸上部? 
 答:ソフトボール部でした♪
って、(´・ω・`)知らんがな。。。
会場からは笑いが上がっていましたが、それははさておき、たぶん吹奏楽コースには楽器未経験者でも入学しています、ということをアピールしたかったものと思います。
私なんかは経験者しか入学していないと思いこんでいましたが、そうではないんですね。
たしかに「吹奏楽をやってみたい」という生徒がいたら、経験の有無を問わずその機会を提供することは高校として当然のことです。経験者に限定するのはフェアではない。
未経験の皆さま、追い付け追い越せで頑張ってください。

 

 

f:id:Kawataka:20190609210008j:plain

退場時に手紙付きの飴を貰いました。一個一個包装するのは大変手間がかかったと思います。お疲れさまでした。