Kawataka’s diary

週末と休日メインで更新中

ムソルグスキー「展覧会の絵」

もしトランペットが吹けたなら、「展覧会の絵」のプロムナードは吹いてみたい曲です。
それからバーバヤーガの小屋からキエフの大門になだれ込んでフォルテで高音を吹き鳴らすのも。

 

組曲展覧会の絵」はもともとはピアノ曲ですが、オーケストラ向けに編曲され、今ではオーケストラ版のほうが有名になったという経緯があるそうです。

私はずっとオーケストラ版しか聞いたことが無かったのですが、先日、ピアノ版のCDを購入しました。

ピアノ版にはオーケストラ版のような華やかさはないのですが、いかにも絵画の展示会という落ち着いた感じがします。なかなか良いです。
プロムナードもピアノで弾くと全く印象が変わります。画廊で絵を鑑賞しながら静かに歩く、すると足音が室内に反響する、そんな雰囲気が良く伝わってきます。
いまさらですが、作者の意図が分かったような気がしました。

f:id:Kawataka:20200216201502j:plain

左がピアノ版、右がオーケストラ版。
ピアノ版は大門のイラストと思うのですが、
オーケストラ版のイラストは一体何なのか、謎です。。。

 

 

 

映画「イーグルアイ」

CS無料月間に録画した映画を少しずつ観ています。

「イーグルアイ」2008年のアメリカ映画
国防総省の地下に設置された極秘AIシステムが暴走し国会議事堂を爆破しようとする、それを止めようと一般人が奮闘するさまを描いた映画です。
2008年と言うと10年以上前、たぶんツイッターが始まってすぐのころなのですが、SNSを通して密かに監視されている、というのが非常にリアルです。今見ても納得です。


映画のラスト、小学生バンドが国会議事堂で「星条旗」を演奏する場面が出てきます。
トランペットが上のFを吹くと、その音(周波数?)に感応して爆弾が起爆するという結構手の込んだ仕組みでした。
ラストの ”O'er the land of the free”のfreeのところ、フェルマータで伸ばすところが上のF Youtubeで Eagle Eye - Final Scene と検索すると観れるかも。

ペンタゴンのAIがなんでこの音を選んだのか、ちょっとわからなかったです。
この曲で一番高い音がこのFと思います。そんなに難しい音とは思いませんが、ちびっ子トランぺッターが緊張のあまり音を外してしまうリスク、あったかもしれません。
 

 

アメリカ国歌「星条旗」~ 途中から
And the rockets' red glare,
the bombs bursting in air,
Gave proof through the night that
our flag was still there,

Oh, say does that star-spangled
banner yet wave.
O'er the land of the free
and the home of the brave!


米英戦争のマックヘンリー要塞攻防戦を題材にしていますので、
「赤い光を放つロケット、空中で爆発する爆弾、しかし星がちりばめられた旗は自由の土地にひるがえっている!」
っていう歌詞です。
この場合のbombs(爆弾)は英国海軍の臼砲艦(bomb ketch)から発射された榴弾ですし、rocketはそのままロケットです。榴弾が空中で破裂するのは射程が長すぎたためか曳火射撃のためか、とにかく艦砲射撃で一方的に撃ちまくられながら、それでも旗を掲げ続けた。それに感動した、っていう荒々しい歌です。アメリカらしい。

初めてのお年玉

今年の年始のメモ。忘れないように記録。

 

昨年生まれた親戚の女の子へ、初めてのお年玉として本をプレゼントしました。
「まるさんかくぞう」及川/賢治 竹内繭子
まるさんかくぞう

ストーリーはなく、リズム良く「まる、さんかく・・・」とイラストが並ぶ。読み聞かせたい本です。

 

あとはハイハイン。とりあえずどんな赤ちゃんにも喜ばれるお菓子です。大人が食べてもおいしいし。

 

 

京都へ

今日は朝から車で京都へ。晴れていて気持ちの良い一日でした。
北山のハンバーガー屋さん「ザ バーガーカンパニー http://www.burger-company.com/map.html」でチーズバーガーを食べてきました。非常に美味しかった。
ここは京都でも指折りのハンバーガーの名店と聞いています。また食べに行きたい。
そういえば、北山駅前のマクドナルドはいつの間にかなくなっていましたが、進々堂は健在でした。京都は美味しいパン屋さんが多く羨ましい。

 

 

行きの新名神鈴鹿トンネル付近、9:30頃に陸上自衛隊の車列を追い越しました。軽装甲機動車×2とトラックを含む8台くらい、所属名称は「44普-3」で、馴染みが無くどこの部隊?と思ったのですが、あとで検索したら第44普通科連隊(第6師団)は福島の部隊でした。
何ゆえ福島の部隊が新名神を西へ移動?と思って調べたら、第6師団は転地演習中で第44普通科連隊を西部方面管区へ移動させているようです。→https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2020/pdf/20200207.pdf

西部方面管区って、九州&沖縄です。。。
福島から九州まで軽装甲機動車で移動、、、1,500kmくらいあるんじゃないでしょうか。腰が痛くなりそう。気が遠くなりますが、有事の際には車両で移動する可能性があるから訓練しておかないと、っていうことでしょう。
たぶんフェリーや航空機も使っているはずで、車両移動はたまたま第3中隊が当たったのでしょうか。お疲れ様です。
朝9時半に鈴鹿トンネルということは、昨日の朝一で福島を出発し、愛知で一泊して移動2日目?あるいは昨日の夜に出発して徹夜で走行中なのか。きつそう。

花粉シーズン入り

暖冬の影響か、もう花粉が飛び始めています。眼がかゆい。
そのうち鼻水が止まらなくなるからマスクを準備したい。なのに、コロナウイルス対策の影響でどこの薬局でもマスクが売り切れです。困ったものです。

 

以前、通院していた際に看護師さんから聞いた話ですが、ウイルス予防にサージカルマスクは気休めだそうです。ノドを保湿して対抗性を高める効果は期待できるが、逆に言うとそのくらいの効果だけらしい。
確かにサブミクロンオーダーのウイルスはサージカルマスクでは防げないでしょう。花粉は数10μmサイズだからサージカルマスクで効果があるのですが。
予防目的ではなくて、症状がなく感染している人を想定して咳やくしゃみでウイルスをまき散らさないようにマスクをつける、というのが目的と思っています。

10年近く前、新型インフルエンザが流行したときだったか、あるいは原発事故の後だったか、N95規格のお高いマスクがそこらじゅうで売られていました。本来は医療従事者向けのもので、市中で生活する一般市民にとってはオーバースペックなのですが、けっこう売れていたようでした。
今回もそのうちN95規格品が市販されるようになるんでしょう。でも、マスクよりも人ごみに近付かないようにした方が予防効果は期待できそうです。あとは手洗いうがい。

 

 

こちらは先日中古で購入したCD。
チャイコフスキー交響曲5番と大序曲1812年カラヤンベルリンフィルハーモニー。1975年10月、1966年12月の録音。
1812年は合唱入り、大砲の音はドラのような割れた音で若干浮き気味。
色々な1812年を聴いてきましたが、大砲の音は正解がわからなくなってきました。浮いている方がいいのかもしれないです。

f:id:Kawataka:20200209174012j:plain



 

 

自然発生説の検討 (パストゥール)

ルイ・パストゥールの「自然発生説」、1861年の書籍、当時39歳だったそうです。

「生物の自然発生説にとどめの一撃をあたえた書」という帯の宣伝文の通り、自然発生を否定します。

とにかく論理展開が非常にわかりやすい。そして実験の構成が緻密、だから説得力がある、反論の余地が無い。パストゥールの偉大さが良くわかります。すんごい人です。

 

 顕微鏡で観察した結果をイラストとして記録し、整理していく、見えたものをありのままに。
何人もこの事実の力に打ち勝つことはできない。P.223
そして観察結果をもとに次の実験内容を考え、実行し、データを取って考察する。
一切は未知であり、実験にまたなければなりません。P.214
そうやって自説を補強していく。事実のみで結論を出す。理路整然とした構成にしびれました。本当に凄い人です。

 

f:id:Kawataka:20200209083759j:plain

 

 

 

 

 

 

 

2020 中部日本個人・重奏コンテスト三重県大会 中学校の部

今日は中日アンサンブルコンテスト中学校の開催日、混成の途中(菰野中学校)から金管の最後まで聴いてきました。

朝日のアンコンは8重奏までですが、中日のアンコンは10重奏まで出場できます。だから音に厚みが出せる。ただし、2本増えた分だけ合わせるのは難しくなる。

また、聴いた感じでは、木管金管での混成は金管重奏よりも合わせるのが難しそうでした。
混成で本数を増やすと※特に木管金管の両方が入っていると※やっていることは小編成に近くなってきます。練習にもよると思いますが、アンサンブルで木管金管がバランス良く合奏するのは結構難しいような気がしました。

あと、金管も混成もHrが上手い学校は全体が締まって聞こえました。中音域の楽器は高音に隠れて目立たない、と思いきや、実は結構目立ちます。頑張って下さい!

 

四日市内部中学校 金管8(Tp3、Tb、Euph、Tuba、Hr×2)クロスセクションビュー
朝日コンクールの金管8と同じ曲ですが編成が少し変わり、Tbの代わりにEuphが入っていました。Tpのソロが一段と上手になっておりまして、次が楽しみ。

四日市南中学校 金管10(Tp2、Tb2、Hr2、Euph、Tuba2、Perc)幻想的組曲「わらべうた」より とおりゃんせ~あんたがたどこさ
朝日コンテストの金管8と同じ曲で編成を変えていました。Tuba、Tb、Hrを1本ずつ増やしTpを1本減らして10重奏としていたようです。つまり最低3人はアンコン初出場のはず。それでも滅法上手い。南中の金管パートの層の厚さがわかります。
相変わらずの大迫力、演奏後は溜息しか出ない。TpやTbは要所で筒先の向きを変えて響きに変化を出してみたり、そういう細かいところも抜かりが無い。

Hrの一本がかなり迫力のある音を出していました。最初はTbかと思ったのですが、たぶんHrではないかと。Hr特有の吠える音ではなく、Tbのようなアグレッシブな強い音でした。(本当にHrだったのかいまだに自信がなく)。朝日コンクールとは雰囲気が異なる仕上がりとなっていました。

午後を通して聴いた感じでは、この2校が抜群に良かったです。

桑名 陽和中学校 混成10(Fl、Cl4、St-Bass、Sax3、Perc.) 「テレプシコーレ舞曲集」より
実質的に木管重奏+弦バス、ClとSaxのバランスが良かったです。あと、弦バスを低音に入れたのも。
陽和中に限らず、桑名の中学校は木管アンサンブルが上手なように思います。

亀山 中部中学校 金管10(Tp3、Tb、Hr3、Euph、Tuba、Perc)スザート舞曲より
全体に丁寧な演奏という印象を受けました。Tpの3本が特に丁寧でした。きちんと揃えるのに結構練習したんじゃないでしょうか。

津 白山中学校 金管8 「ウィーンの情景」より1、2、3
HrやTbといった中音が良かったです。締まって聴こえました。あと、8人の表現豊かな吹き方が印象に残りました。一人ひとりがウイーンの風景をイメージしながら演奏していたんじゃないでしょうか。

久居の久居東中学校と津の芸濃中学校はスゥエアリンジェンのロマネスク。久居東のFlと芸濃のTpの頑張りに拍手です。来年、部を盛り立てていっていただければ。

 

大ホールの隣の中ホールで個人の部も開催されており、金管重奏が終わった後でTb~Euph~Tubaと聴いてきました。
三重文の中ホールはほとんど響きません。大ホールは良く響くのでその違いに驚きます。響かないホールで演奏すると、上手い下手がよけいにはっきりとわかります。また、筒先が上を向くEuphとTubaは観客席に音を届けることを意識する必要がありそうです。

Tubaのラスト、桑名の陽和中学校だけは伴奏のピアノとTubaが対面で座って演奏していました。(他の学校は観客席を向いて座っていました。)アンサンブルではアイコンタクトが重要だから、これはありと思います。なるほど、です。個人演奏だから正面向いて座るのが当然と思い込んでいました。
また、グランドピアノは舞台上手を向いて演奏するから、Tubaが対面で座るということは舞台下手を向いて座ることになるのですが、ロータリーチューバだから筒先は観客席の方に傾くことになり、その結果、他のTuba出演者よりも音が観客席に届いていたようです。これはGoodアイデアと思いました。

(フル編成でもTubaは舞台下手に向いて座るからそれと同じですね。)
ただし、録画カメラは正面と舞台上手の袖に配置されていたようなので、DVDには背中と楽器しか映っていないかも。。。せっかくの個人演奏なのに。。。Tubaの悲哀です。仕方がない。

個人の部ではほとんどの学校がピアノ伴奏をつけていました。大人もいれば中学生も。管楽器が一瞬テンポを外した時にピアノを弾く中学生がとっさに合わせにいった学校がありました。さすがです。

 

 

冬のアンコンもひとまず今日で終わりです。これからは来夏のコンクールに向けての練習が始まるはず、アンサンブル練習を生かして、引き続き頑張ってください。