Kawataka’s diary

週末と休日メインで更新中

戦争論 中巻

上巻に続き、戦争論の中巻を読み終えました。

中巻は、戦い方の具体的な解説が出てきます。難解です。1700年~1800年代の戦争の知識を前提としています。ナポレオンとかフリードリヒ大王の戦いをしょっちゅう引用していますので、ついていけないところがあります。
※「戦争論」だからそういう知識を持った人を対象にしているわけで、至極もっともなのですが。

砲兵と騎兵と歩兵のバランス、行軍と休養、山岳や河川での戦い、防御の考え方、給養の見積もり方等々、18世紀の軍人の考察が仔細に書かれているのは興味深いのですが、これを現代で生活する私に置き換えてどうこうできるわけもなく。中巻は、哲学書のようには読めず、古典として読む本でした。

給養の個所から。
P.221 近代戦における軍の給養方法の旨とするところは、何によらず当該地方で産出する物資を、所有者に係わりなく取り上げて利用するにある。
なんてさらっと書いてあるあたり、当時の軍人の補給に関する考え方が凝縮されています。馬車による輸送しかなかった時代ですから、10万人単位の軍勢の小麦粉や肉類を本国から馬車を連ねて輸送するのは現実的ではなく、通過する町から徴発するのが当然だった。
「世帯主としての農民ひとりが貯えているパン用小麦粉は、どこの家でも家族全体を一週間ないしは二週間養うに十分だし、肉は毎日補給できる。それだから軍隊がまだ宿営したことのない土地では人口の3倍くらいは養える・・・3万の軍勢なら1平方マイル当たり2,000~3,000人の人口を有する町なら4平方マイルに舎営すれば足りる (P.222から)」っていう感じで見積もっていたらしいです。ざっくりと、的外れではない。しかし「所有者に係わりなく取り上げて」と言われると農民がかわいそうな気もする。

 

f:id:Kawataka:20190922165456j:plain



路線バス 故障

先日の豪雨の晩のことです。懇親会の帰りだったので路線バスでの帰宅途中、自宅近くのバス停まであと5分くらいというところで、急に空ぶかししたと思ったら路肩に停車してしまいました。
発進を試みても動けず。車内アナウンスで「ギアが入りません」とのこと。
エンジンのONOFFを繰り返してもダメ、全電源OFFして再起動しても不可、ということで、結局応援の車を呼ぶことに。
22時過ぎと遅い時間帯だったので乗客は自分以外にあと一人だけ。晴れていたら歩いて帰ったんですが、豪雨と強風なのでぼーっと15分くらい待ち、代車に乗せてもらい帰宅しまた。

酔っぱらっていたので「ふーん、路線バスでも故障するんだ、おもしろい~」って感じでしたが、これから仕事に行く等のタイミングだったら、かなり慌てたと思います。

皇學館高校吹奏楽部 定期演奏会

皇學館高校吹奏楽部の第12回定期演奏会に行ってきました。場所はいつもの三重文、皇學館高校の定期演奏会は二年ぶり。

第一部はコンクール曲メイン、第二部はポップス、16時開始で19時過ぎまであっという間の3時間、楽しめました。

皇學館は金管木管もパーカスも全部が上手いんですが、トランペットとホルンが特に上手かった。特にHrは素敵な音を出していました。しびれました。

第一部
 大学祝典ファンファーレ
 魔女の宅急便セレクション(中日コンクール任意編成・・・一年生主体)
 アルプスの詩(中日コンクール大編成)
 吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」(朝日コンクール大編成)
 アルメニアンダンスパートⅠ(全員)

「アルプスの詩」も「陽が昇るとき」も圧巻の上手さでした。アルプスの詩は、客席二階の左右両脇にHrを一本ずつ配置して、掛け合いながら左右で吹いていました。コンクールではできない演出です。
アルメニアンダンスは、136名(!)での演奏、迫力ありました。一年生から三年生まで一所懸命にかつ楽しそうに吹いていました。ラストの盛り上がりがよかったです。突っ走りながらも崩れないところはさすがです。

第二部
 ジュラシックパーク、アニメメドレー、ポップスメドレー、など。
星野源の「アイデア」を男子部員総出でマリンバ~ドラまで再現したり、宇宙戦艦ヤマトで沖田&古代&ガミラス(?)のコスプレしたり、とっとこハム太郎で10数匹の着ぐるみハム太郎を登場させたり、と演出に凝っていました。
それから、吹奏楽と日本舞踊のMixステージがありました。日舞は部員からメンバーを選抜したとのことなので、確実に初心者のはずです。それでもきちんと仕上げていました。



たしか2年前の定演で「もののけ姫セレクション」を一年生主体で演奏していました。そのときの1年生が今年3年生になってコンクールメンバーとなって演奏していると思うと、その上達っぷりに圧倒されます。
なので、今年「魔女の宅急便セレクション」を演奏した一年生も、2年後には恐ろしくうまくなっているはずです。かなり楽しみです。


SNS映えする写真とは

今日のMGCで中村匠吾選手が優勝しました。中村選手は四日市出身とのこと、ご近所さんだったのかもしれません。おめでとうございます。オリンピック、頑張ってください。内部川から応援しています。

表題の件、先日のコーヒーサーバーの写真、自分で撮りました。

f:id:Kawataka:20190901092515j:plain

 

しかし、これをベテランのインスタグラマー(家族)が撮るとこんな感じになります。

f:id:Kawataka:20190901092455j:plain

曰く「上の写真ではダメ、パッと見てコーヒーと分からないから。」
SNSの写真はタイトルや文章で説明していてはダメなのだそうです。
確かに、上の写真ではコーヒーなのか潤滑油なのかわからないが、下の写真ならだれが見てもコーヒーと分かります。勉強になります。

 

 

ヤフオクの腕時計

先日からヤフオクの腕時計を見ていまして、おもしろい時計を見つけました。

頭文字がOのスイスの有名メーカー(オメガではありません)で、1970〜1980年代のヴィンテージという手巻き時計です。数千円くらいでいくつも出品されています。
文字盤が赤だったり黄色だったりカラフルでインパクトあります。いかにも1970年代って感じのデザインの時計です。

でも、妙なことに、20年前のヤフオクで、そのメーカーのそんなカラフルな時計を見た記憶が無いのです。1970年代の製品ならば、2000年頃にもヴィンテージとして売られていてもおかしくないと思うんですが。

 

後日、検索してみたら、同じような時計がeBayで100円前後で売ってました。Vintage mechanical watch とかで検索すると出てきます。出品はIndiaから。
古い時計の文字盤を塗りなおして出品しているような気がします。オリジナルではないみたい。機械はオリジナルなのかもしれませんが。
入札は止めときました。

2019中部日本吹奏楽コンクール三重県大会 中学大編成

今日は中日吹奏楽コンクール県大会(大編成、任意編成)が開催されました。場所はいつもの三重文。台風15号接近中のため、万一の暴風警報発令を想定し、開始時間を一時間早めて午前中にすべての演奏が終わるようにリスケジュールされていました。任意編成は朝9時から演奏開始となっており、早朝からの積み込み搬入など相当大変だったんじゃないかと思います。
(※三重県の場合、中日コンクールの任意編成は一年生主体で編成を組むことが多いみたいです。運動部に例えるなら新人戦、一年生の舞台デビューです。順位はつきません。)

朝一からの任意編成は聞けず、大編成の5校を聴いてきました。結果は以下の通り、南中学校が県代表となりました。

鈴鹿市立神戸中学校 
津市立朝陽中学校  
津市立西橋内中学校 
四日市市立南中学校 金 代表
四日市市立内部中学校 

 

神戸中は8月のコンクールと同じ曲を演奏していたのですが、人数を増やしていました。8月は30名台だったのですが、今回は45人くらいで演奏していました。そのせいか8月の時のようなノリの良い演奏ではなくて、うまく纏めたい、という真面目さ必死さが伝わってきました。もしかしたら、一年生を加えたのかもしれません。(そうだとしたら素晴らしいです。入部してたった5か月で大編成の舞台に立ったんですから。大編成で演奏できる機会はそんなにありません。貴重な経験です。)

朝明中も8月と同じ曲、人数も同じくらい。カチッとはまった演奏は前回通り、納得の金賞です。

西橋内中は40名いないくらいの人数でしたが、Tpを7本と厚めに編成していましてTpが良く響いていました。もう少し全体に統一感が出たら抜群に良くなるはずです。

南中と内部中は相変わらずのハイレベルな演奏でしたが、今回は南中が少しだけ抜け出ていました。納得の県代表ですがちょっと残念。内部中、来年頑張ってください。。
この2校を聴いた後の観客のリアクションが対照的で面白かったです。南中の演奏が終わったら拍手が鳴りやまず、アンコールがかかるの?って思うくらいでした。一方で内部中の演奏が終わると、まず拍手ではなくて溜息が漏れていました。金管高音の絶妙なバランス、金管から木管へ繊細なメロディ受け渡し、聴いているこちらが緊張しました。

 

今期のコンクールは今日でひと段落。これから冬のアンサンブルコンテストに向けての準備が始まります。一年生はきょう舞台デビューを果たし、アンコン練習で腕に磨きをかけ、来年夏には一人前の奏者として大編成デビューを果たすはず。ここからの半年が来年夏の成績を左右します。頑張ってほしいものです。
そして3年生の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

洗濯機 故障

先日夕方、なんの前触れもなく洗濯機が壊れました。←脱水しなくなってしまった。
今はなきナショナル製の”NA-FDH50A”で、10年近く使い続けてきたものです。毎日2回、休みなく動かしていましたので、さすがに寿命が来たのでしょう。

寿命ということであきらめはつきましたが、洗濯機が無いのは非常に困る。ということで閉店間際の電気屋さんに走り、30分くらい悩んで日立の洗濯乾燥機を買いました。以前は洗濯5kgでしたが小さかったので洗濯9kgにグレードアップしました。容量UPしたのでシーツ類が一度に洗えます。
ただし、価格も相応にお高くて15万円を軽くオーバーしましたが。。。

早速使ってみたところ、脱水に気合いを感じました。すぐに乾きそうです。また、作動音が静か。技術の進歩を感じました。
また、お急ぎコースを選ぶと20分くらいで完了してくれます。本当にきれいになっている?と疑うくらい短時間でした。どうやら脱水の時間を短くしているようです。その分ウエット感がありまして、冬場は乾き難いかもしれません。

 

カタログの使用水量を比較してみたら、9kg仕様なのにナショナルの5kg仕様よりも10L以上少ない!びっくりです。省エネ技術の進歩ってすごいです。家電は10年くらいで定期的に更新していったほうが良いのかもしれません。
標準使用水量
 ナショナル NA-FDH50A 5kg  113L
 日立 洗濯乾燥機     9kg     99L

 

でも、なんで水の量を減らせるんだろう?洗濯槽の容量は大きくなっているのに。
すすぎを効率よくしている?