Kawataka’s diary

週末と休日メインで更新中

連休終盤

長期連休も終盤に差し掛かっています。
中学高校は10連休のため宿題が相当な量出ていると聞いていますし、部活の練習もあるようで、某強豪高校の吹奏楽部は10日間休みなしで練習&ミニコンサートと聞きました。また某中学校の吹奏楽部も10日間のうち半分以上は練習が組まれていました。
まとまった期間に集中して練習ができるから合宿に近いものがあり、先生としてはWelcomeでしょう。(一方で練習をほとんどしていない学校もあるらしく。)
特に中学校に関しては練習時間の長短はそのままコンクールの出来につながります。夏のコンクールでは、実力校はレベルの高い演奏をしそうです。

 

先日に続き、吹奏楽コンクールDVDをまとめて見ています。
今回は、

  • 2017年中日コンクール本大会(中学校大編成)
  • H4年朝日コンクール東海大会(高校小編成)
  • H5年朝日コンクール愛知県大会(高校小編成)

中日コンの本大会はレベルが高く、金賞と銀賞の境界はほとんど分からない。北陸の中学校が上手なことはわかりました。
1992年の東海大会は課題曲なしの自由曲だけ。H5年は課題曲も。画質が白っぽかったり暗かったり古さを感じます。こちらは演奏よりも服装や髪型に目が行っていました。もちろんセーラー服やブレザーをきっちり着ているんだけど、髪留めやヘアゴムに明るい色を使ったり、三つ編みにリボンをつけてみたりカチューシャを使ったりと、過剰にならない程度の華やかさがありました。

 最近はどうなんだろうと思って、2017年の三重県大会(高校大編成)DVDをちらっと見てみたんですが、各校とも、ヘアゴムは黒、髪型は後ろで括るにほぼ統一。
最近の方が統一感はありますが、昔の方が華やかで「晴れ舞台」って感じがしました。