大は小を兼ねる CH-47はMV-22を兼ねる?

中日新聞の今日の社説から。
後半を要約:「陸上自衛隊長期防衛戦略はオスプレイを想定していなかった。陸自はCH47大型ヘリを55機も保有しているからオスプレイを導入する必要はなかったそうだ。だけど政治家主導で導入を決めてしまった。」「暴走する文民統制
アンダーラインは社説そのままの表現。


 なかなか破壊力のある社説です。

 

戦略は内外の環境変化を受けて柔軟に変わります。想定していない新装備が出てきたらそれを戦略に織り込めばよいのです。戦略をずっと変えないとか、戦略が想定しない装備は導入しない、という考え方はいかがなものかと。
MV-22は防衛作戦には多いに活用できると思います。CH-47にはできないことができますから。


この社説をNIE活動の教材にする学校もあるんでしょうね。であれば、生徒さんにはCH-47チヌークとMV-22オスプレイを比較して考察してもらいたいです。単純な「大は小を兼ねる」で良いのかどうか、議論してみては。
具体的には、まずCH-47はMV-22を代替できるのかという点を議論し、次に日本の防衛作戦にMV-22は必要なのか不要なのか、を議論す。。面白い議論ができると思います。

  MV-22B オスプレイ CH-47F チヌーク
全長(回転翼含む) 17.5m 30.1m
全幅(回転翼含む) 25.54m 18.3m
全高 6.73m 5.7m
空虚重量 15,032kg 10,185kg
積載量 9,070kg 10,886kg
乗員数 乗員4名 乗員3名
  乗客24-32名 乗客33–55名
最大速度 565km/h 315km/h
巡航速度 446km/h 240km/h
航続距離 3,590km 2,252km
行動半径(航続距離÷3) 1200km 751km

上表はウィキペディアの(V-22オスプレイ)のページから抜粋しただけです。正味5分でした。NIEのためにはもっと調査する必要がありますが、まずはこのくらいのデータから議論を始めてみては。

この表を見ると、MV-22の長所はスピードと航続距離ですね。プロペラ機並みのスピードが出せて、大阪から青森まで無給油で往復できて、短距離離着陸ができる。
では、いいことばかりですが短所はないでしょうか?調べてみると出てくると思います。それらを総合的に見て要否を議論してはどうかと。

 


※プロペラ機並みといっても遊覧飛行で使われるセスナの速度は最高300km/h程度だからそれよりも速いです。比較の際に良く出てくるのは零式艦上戦闘機五二型。最大速度565km/hということだから、MV-22とほぼ同速です。

※端折りましたが、社説の前半、オスプレイの事故率にかかわる記述もなかなかでした。空軍版オスプレイとはCV-22のことでしょうが、CV-22は戦闘捜索救難などの特殊作戦に使われている機材だからさぞかし荒っぽく使われているものと推測します。訓練も過酷でしょう。なので事故率も高くなっているという可能性が高い。
このあたりはネットで検索したらすぐにデータが出てきます。例えば→
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20150509-00045554/
もちろん裏取り取材は必須ですが。どの程度取材したうえでの社説なのか、気になります。

※非常に気になったのはMV-22をオスプレイと表現するのに対して、CH-47をチヌークと表記しない点。表記のブレはやめてほしいものです。もちろん新聞社の意図はわかりますが。。。

※「暴走する文民統制」というフレーズには圧倒されました。この一文の破壊力はすさまじい。文民統制とはもともとどんな意味だったか、ちょっと考えてしまいました。

 

最後の海賊と最後のジェダイ

年末年始の衛星放送見放題の時に録画しておいた映画をぼちぼちと見ています。パイレーツオブカリビアンスターウォーズ、どちらも最後といっていますが、おそらく最後じゃない(でしょう)。

 

◆「パイレーツオブカリビアン 最後の海賊」
第一作から13年?くらい経っているのにジョニー・デップが全く変わっていないのに驚きました。さらにオーランド・ブルームが無茶苦茶カッコよいのにもっと驚きました。渋い。非常に渋い。あんなのを目指したい。彼が最初と最後しか出てこないのはもったいない。
キャプテンバルボッサは死んだように見せかけただけで、おそらく次作で復活するのでしょう。第二作のラストで皆を驚愕させたように。今度は騙されないです。

パイレーツオブカリビアンは第一作がもっとも面白かったです。ストーリーがきちんと完結していたのがなにより良かった。終わり方もスカッとしていましたし。

この映画はサントラの出来も良くて、わたしのお気に入りは
 ♪ The Medallion Calls   (Curse of the Black Pearl より)
 ♪ Up Is Down
 ♪ Drink Up Me Hearties (2曲ともAt World's Endより)
おなじみの旋律を管楽器が入れ替わり吹くのがカッコいいし、スネア、シンバル、チャイムに見せ場が多く、Perc.がおいしい曲とひそかに思っています。
Medallion Callsは、映画ではジャックスパロウの初出シーン、小舟で登場して小笑いを取ったあとに真剣な表情で海賊の亡骸に敬意を表するところで使われてました。スパロウは常に不真面目ですが、まれに真剣さをみせる場面があります。そのギャップが観客を引き込むんでしょう。

 

◆「スターウォーズ 最後のジェダイ
ルーク・スカイウォーカーが最後の活躍を見せます。前作でハン・ソロがいなくなり、この作品でルークもいなくなり、残るのはレイア姫だけ。世代交代を感じます。
冒頭の戦闘シーン、爆撃機編隊の描写は「メンフィスベル」を連想しました。またはスピルバーグ監督つながりで「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の”The Mission”。爆撃手が目標を目視で視認するとか、「May-day!墜落する!」とか。
無重力の宇宙で爆弾が下に落ちていくからくりがよくわからないのですが、そこは深く考えてはいけないところです。

ジャズドリーム長島♪

(このタイトルを声に出して読むと居住地がバレます。東海三県の人はTVCMでおなじみのフレーズで読んでしまうはず。)

 

今日は長島のアウトレットモールへ行ってきました。CMの通り現在セール中。しかし平日のためにお客さんはそれほど多くはなくてじっくりと選ぶことができました。

 

◆プーマショップ:F1関連の衣料。鈴鹿サーキットで買うと超お高いやつです。
年に一度のGPウィークならお祭り気分でテンションが上がっているので躊躇なく万単位の買い物をするのですが、冷静に考えたらフェラーリの真っ赤な半袖シャツ一枚に1万5千円とかあり得ないです。その値段ならポールスミスの長袖シャツが買えます。そっちのほうがまだ汎用性があります。だけど人は理屈だけでは動かないものでして、ついつい買ってしまうのです。。。
プーマが本気で作っているのでデザインも素材も問題なし。フェラーリBMWレッドブルのジャージ上下やTシャツが3割~5割引き。もちろん型落ちでサイズも不揃いだけどサイズが合えばお買い得。
F1関連のメンズ衣料(特に上着)のサイズは日本よりも1サイズ以上大きいです。すなわち、外国のSは日本のM~Lサイズ、XSサイズが日本のS~Mサイズ相当。そして日本サイズと比較して肩幅は短くて着丈と腕は長め。日本のMサイズで撫で肩の人ならXSでも着れる可能性があります。F1の売り場ではたいていSから売り切れるから、XSが余っていたら試着することをお勧めします。意外と着れるかもしれません。
今回、レッドブルのパーカー(XS)とTシャツとウインドブレーカーパンツ(XS)を買ってきました。恐ろしくお買い得で、全部合計しても8,000円未満でした。普通に買ったら軽く2万円を越えるはず。シーズンオフで商品入れ替え時期ということもあるんでしょう。特に一昨年以前のモデルは超絶安くなっていました。


◆リーバイス:2点買ったら1点無料のセールをやっていました。となると、2点買うことになります。当然です。511のMade in USAと510スキニーを購入し、黒のジャケットを無料でもらってきました。511は5割引き、510は3割引きくらい。廃盤品かB品ですが、古着を嗜む当方としてはB品でも全く気になりません。511は今どき珍しい綿100%なのがGood。いつかスキニーに挑戦してみたいと思っていたので春になったら着てみます。

 

BOSEストア:BOSEは長島アウトレットから一時撤退していたのですが、再び出店していました。ニアニュー品が安価に買えるから、次に買うときはこちらへ来ます。
円筒形の可搬式スピーカーが2万円台の前半、BOSEにしては結構お安い。なかなかいい感じで響いていました。ただ、クラシックを聞かせてもらったらどうも違和感がある、と思った瞬間に店員さん曰く「これはモノラルです」と。BGMとして台所などで聞くのならこれでOKです。リビングで聞くならステレオのスピーカーにしたい。

 

FACTFULNESS

先日ツタヤへ行ったときにチラ見して気になっていたので購入しました。20年前の常識は今の非常識、認識を改めねばならないところがいくつもありました。世界は今も変化をし続けています。
※ビジネス書というよりは教科書に近いかもしれません。大学生とか新入社員に読ませると良いかも。何よりも読みやすいのがGood。

スタバ

連休3日目、朝からスターバックスへ出かけ、紅茶とコーヒーを飲んで帰ってきました。ついでにツタヤで立ち読み。最近本屋へでかけておらず、新刊で面白そうな本がいくつかありました。

それから、土曜に四半世紀前の自分の吹奏楽コンクールDVDが届きました。10月にダメもとで業者さん(いまでも各種コンクールで映像を販売されている業者さんです)にメールでお願いしてから4か月、ようやく届きました。高校1年の東海大会と高校2年の県大会です。
これはまさにパンドラの箱あるいはリーサルウェポン、観るとあんなことやこんなことを思い出すはずです。そして私が動く画像としては最古です。昔はデジカメやスマホが無くて動画を撮ることはなかったので。
業者さんではマスターテープを倉庫から探し出してDVDに直してもらうのに時間がかかったと思います。なのに価格は最近のコンクールDVDと同程度でした。DVDへの転換に手間がかかったはずなのに。良心的です。感謝しかありません。

日展

連休二日目、三重県は冷え込みが厳しいです。

今日は子ども(JK)と名古屋栄の芸術センターへ行ってきました。日展です。
高校では芸術の選択科目で書道を選択していました。そのときの書道の先生が日展に出展していたので日展を観に行っていました。場所は同じ芸センです。なので四半世紀ぶりの日展です。
驚いたことに作品の撮影がOKでした。あまり美術展に縁のない生活を送っているので知らなかったのですが、最近はぼちぼちあるらしいです。SNSでの拡散効果を期待しているものと思います。
※当然ですが商業目的はNGです。勝手に絵はがきを作られて売られても困りますし。

f:id:Kawataka:20190210113447j:plain f:id:Kawataka:20190210114115j:plain

 日本画の作品 花も三日月も繊細で綺麗。

f:id:Kawataka:20190210115643j:plain f:id:Kawataka:20190210114940j:plain

洋画の作品から。
どちらも水面を描いています。時刻に合わせた水の質感が出ています。

f:id:Kawataka:20190210115616j:plain 

 

その後、栄の地下街でローストビーフを食し、東急ハンズでスケジュール帳を買い、松坂屋本店へ行ってチョコレートフェアを見てきました。チョコは試食だけ、ピエールマルコリーニのブースでアイスを買って食べてきました。まずまず有意義な一日でした。



大須へ

この数日、暖かい日が続いていましたが、昨晩から急激に冷え込みが厳しくなってきています。

今日は大須へ出かけました。古着屋さん巡りが目的です。中古のM-65ジャケットを探していくつかのお店を回りましたが、サイズと状態で納得いくものがなく、結局買わずに帰ってきました。
大須の店員さんは総じてレベルが高いです。店内をぶらついているときは何も言わず、立ち止まって物色していると絶妙なタイミングで「M-65をお探しですか?」と声をかけてきます。決して買わせようとしない感じもよい。値付けが高いのは人件費込みということがよくわかります。良いものがあったら値切り交渉もしてみたかったんですが。。。
2月は古着の買出しシーズンと聞きました。3月になったらまた出向きます。