実家へ

夕方、用事があったので実家へ帰省してきました。ついでに国府宮神社によって、昨年のお札を返し、今年用のお守りを購入。また一年後、です。

中日重奏コンテスト(高校) 

今日は、中日重奏コンテストでした。上の子が出場するため、聞きに行ってきました。昨年の重奏コンテストは残念な結果でしたが、今年は雪辱を果たし、金賞を獲ることができました。良かった。過半数が2年生で、かなり本気モードだったようです。(ふつうは、一年生に経験積ませるために出場させることが多いと思うのですが)

 

今回は、打楽器と金管を聴くことができました。

演奏順1から打楽器を通して聴きましたが、演奏順1の皇學館の打楽器8は、スティックの持ち替えなどの所作を見ても、緊張しているのがうかがえました。演奏順1は、どんな時でもつらいですね。あるいは、もしかしたらコンクールの舞台は初めてという1年生が多かったのかもしれません。演奏自体はとても上手かったので、もっと余裕を見せられたら、もっと印象が良くなると思いました。

その点、演奏順2の神戸の打楽器8は、メンバーがコンクール慣れしているのが伺えました。待機姿勢に余裕感や統一感があり、礼のタイミングも合わせる練習をしていたようです。もちろん演奏も気合が入っていて、金賞は当然だったかと。

 

金管では、相可高校の舞曲集(金管10)が上手かったのが印象に残っています。舞曲集は、アンサンブルコンテストでは7~8重奏くらいで聞くことが多いのですが、これを10本で聞くと(Tp2、Hr2+1、Tb2、Tuba2、Euph1だったと思います。Hrの1は途中までPer)面白いくらい厚みが出来て、いつもとは違う雰囲気で良い。Hr1本とTuba1本増えるだけで、全然違いますね。もちろん、相可の10名の技術が高かったことも重要ですが。アンコンで1本増やすことの重要性がよくわかりました。

あとは、神戸の金管6(Tuba3、Euph2、Per1)がよかった。ラテンのリズムの軽快な曲で、Tubaが軽やかに生き生きと吹いていました。Perの子が途中からマラカスで加わり、一番最後に「オーレ!」と叫んで終えると、客席がざわざわと、、、さざ波のように、、、。

誤解のないように書いておきますが、とても上手でした。さすが神戸のローブラスです。

神戸はいつもローブラスを推してきます。良いですね。一昨年の地区コンサートで神戸が星条旗よ永遠なれを吹いたときに、中間部のあの有名なPiccoloのメロディをTubaが3本で吹いたのを(それもスタンディングで)覚えています。Tubaたちがひらひらとメロディを奏でるさまは、何とも言えず良かったです。いとおかし。

神戸のTubaのうち1本は年季の入ったピストンTubaなのですが、速いメロディでもなんのその、平然と吹ききっていました。さすが。あと、Tubaの筒先の角度を3人別々に変えてまして、特に一番手前の子はかなり客席方向に筒先が向くように傾けていました。もともとそんな構えなのか、あるいは客席全体に響かせようと独自に工夫したのかな?大丈夫です。ちゃんと響いていました。自信もってください。

 

 

 本大会出場は、皇學館のSax4と金管8、神戸の木管8の3チーム。

皇學館の金管8は、Hr、特に高音域のHrが良かった。Hrといえば吠える音色ですが、皇學館のHrは、まるでコルネットのような、クリアにパーンと抜ける音をかましてくれました。(あんなのはHrじゃなくてもTpでいいのに、とすら思いました。)Hrは金管楽器の中でもかなり難しい楽器と思うのですが、そんな難しさを微塵も感じさせなかった。すんごいHrでした。弱い音のところ、Hr本来の音色のところをもう少し練習したら、もっともっと良くなるんじゃないかと思います。

 

2か月にわたるアンコンシーズンも終わりまして、3月は定演シーズンです。そして夏のコンクールの季節がやってきます。アンコンの出来は、そのまま夏コンに反映されるはずで、今からとても楽しみです。

 

ポロ 車検前点検へ

ポロは、4月に車検です。そこで車検前点検に行ってきました。いろいろ交換部品があって、結構お高くなりそうです。

営業さんと話していたら、新型ポロの話になりました。3月末くらいにディーラーに実車が来るそうです。幅が60mm程度大きくなって3ナンバーとなる、長さもちょっとだけ長くなって4mを超える。ゴルフⅣくらいの大きさのようで、こうなると、ゴルフの存在意義がよくわからなくなります。ポロでいいじゃん、とならないかな。

エンジンは1Lターボ仕様だが、現行ポロよりもパワーは増加するらしい。具体的な数値は聞けず。とはいえ、当方のポロのエンジンは一世代前のSOHC1.2Lだから、現行ポロよりも+1割くらいパワーがあります。これに比べてどうなのか?が気になるところです。

ミリ波レーダーの自動追従クルコンや自動ブレーキは装備する。LEDヘッドライト?が標準装備かも。

計器パネルはアナログ指針でデジタルディスプレイではない。デジタルディスプレイがほしかったらゴルフを買ってください、ということでしょう。

気になる価格は「現行ポロとそんなに変わらない」とのことでした。諸費用込み、値引き下取り入れたら250万円くらいなのかな、と思いました。

 

250万円あれば、インプレッサの1.6Lアイサイト付きが買えます。あるいは、スイフトスポーツ、デミオクリーンディーゼルならおつりがくる。それか、あと50万足したら、レヴォーグが買えそう。悩みどころです。

野菜など

今日は一日、オフでした。家の中で待機。
夕方野菜を少し持ってきてもらえました。今期は秋の台風と最近の強烈な寒気で野菜は不作とのこと、かぶや大根、人参、ほうれん草、軒並みダメらしい。
近所のスーパーでも白菜や大根が強烈に高いのですが、納得です。さらに北陸の大雪でますます品不足になるんじゃないかと言っていました。

戦略の本質 100円のコーラを1000円で売る方法3

最近、Amazonで古本を買うようになりまして、いわゆる「積ん読」状態になっています。

Amazonは便利ですね。古本屋で探さなくとも瞬時に在庫有無がわかるし、配送も早い。しかも安く手に入る可能性が高い。パラパラとめくりたいときは古本屋、中身がわかっていて欲しいと思った本ならAmazon、と使い分けています。クレジットカードを作ろうかな。。。

「100円のコーラを~」はシリーズものです。1と2は既読、ようやく3を買いました。いずれもすぐに読める。コミック版も出ているようですが、活字版でも十分にわかりやすい。

なお、コーラを1000円で売る方法は1の中で記載されているのですが、その売値を達成するには、大前提として、「コーラが、製品として優れていること」がありますので、その点は注意が必要かと。いかに売り方を工夫しても、ダメダメな製品はそれなりの価格でしか売れないはず。

「戦略の本質」は「失敗の本質」の続編にあたるようで、世界戦からいくつかを摘出して論じています。失敗の本質は日本軍の作戦を摘出してきていたので比較的スムーズに頭に入ってくるのですが、戦略の本質はそうもいかず、読むのに時間がかかっています。バトルオブブリテン、長征、スターリングラードの戦い、きちんと勉強しないと、と思わせる内容です。

 

あと、今日は中学の同窓会が名古屋でありました。本当に久しぶりの再開ばかりでした。懐かしかった。楽しく過ごせました。

 

 

中日アンコン

今日は、午後から中学校の中日重奏コンテストを聴きに行ってきました。ただし、子供は出場していませんので、応援です。

朝日のアンコンで優勝した鈴鹿市金管8重奏がやっぱり上手かった。他校を圧倒していました。結果を聞く前に帰ってきましたが、おそらく優勝したものと思います。

わが中学校の金管8重奏は、本当に細かいところで詰めが甘い、かな。でも、低音はよく響いていましたよ。自信もって。

 

念のため、将来のために書き残しておきますが、他校に比べたら上手かったです。昨年のブログにも書きましたが、ピッチがあってないとか、頭と終わりが揃っていないとか、そういうチームもありました。せっかく練習を積み重ねて出場してきているのですが、やっぱり緊張するのでしょう。

うなぎ

最近、うなぎ稚魚の不漁が話題となっています。聞くところによると、稚魚の漁獲量が昨年に比較してたった3%(?)とのことです。これでは今期のウナギ養殖は絶望的ではないかと思われます。すなわち、来年はうなぎが市中に出回らなくなる可能性が高い。しかも、今年成魚が育たなければ、来期も稚魚が少なくなって、ついにはうなぎ絶滅の可能性すらある。もしかしたら、将来、うなぎを食べられなくなるかも。。。

当方、うなぎは数年に1回くらいしか食べていないのですが、今後、一生食べられなくなるかも、と思うと、ちょっと切なくなりまして、今晩、うなぎを食べに行ってきました。

将来、うなぎが絶滅したら、今日のブログを見返して、「2018年2月3日、人生最後のうなぎ」とわかるように、記録しておきます。