Kawataka’s diary

週末と休日メインで更新中

トップガン・マーヴェリック

先週末公開の映画「トップガン・マーベリック」、今日の朝一で観てきました。
良かったです。最高の続編でした。トムクルーズ、さすがです。

アメリカ万歳、とかアメリカ海軍カッコいい!ではなくて、マーベリックカッコいい、でした。だから、映画として、エンターテインメントとして十二分に楽しめたんだと思います。久しぶりに、もう一度映画館で観たい、と思わせる映画でした。



イオンシネマ鈴鹿のスクリーン8で、ほぼ満席(感染対策で市松模様に座席を空けているので実際には席数の半分)、面白いことに半数以上がおじ様たちでした。
皆さん、前作のリアルタイム経験者でしょう。私も含めて。

 

とにかくトムクルーズが全く衰えていない、50歳半ばであのスタイルは凄い。

CGを使わずF/A-18で実際に飛んで撮影したらしく、俳優の表情が”リアル”でした。

ストーリーが適度に荒唐無稽で適度にリアル、興ざめしない。

冒頭の空母発艦、戦闘機とバイクの並走、砂地で楽しく運動♪、前作でも見たようなシーン。復習していったらもっと楽しめると思いました。

パイロットチームは男女混合、そんなところにも時代を感じます。訓示シーンで、司令が”Men and Wemen”と丁寧に呼びかけるところも。
(字幕が”操縦士”だったのがいまいち。このシーンで女性パイロットに視点が移るのはそれが理由なのに)

パイロットの一人のコールサインがフェニックスで、パンフレットにはそのいわれが「前夜酒を飲んでいても翌朝普通だったから」という説明がされていましたが、AIM-54しか思いつかなかったです。

P-51ムスタング、Kawasakiのバイク、革ジャン、IWCのストップウォッチ、空冷ポルシェ、小道具がいい味出してました。ちらっと出てきたスカンクワークスっぽいシンボルマークも。

ラストの展開が!!!、そうきたか、って感じです。適度に荒唐無稽でした。アメリカ海軍の空母に着艦するのは何年ぶり?

 

任務のターゲットがどこの国か、上手いことぼかしていました。ブリーフィングでは中東の某国っぽいけど、飛んでいるところは極東の某国っぽい冷帯の森林地帯。敵機の翼には赤いミートボールのマーキング、そこだけ見たら航〇自衛隊。星型にしなかったところに制作側の意図が感じられました。
結果として、特定の国をイメージさせないから、余計なことを考えずに楽しむことができた。上手く考えたと思います。

第5世代戦闘機云々というのなら、F/A-18ホーネットでやらずとも、F-35ライトニングⅡを出せば、ということなんでしょうが、ミッチェル大佐があっさり却下していました。
実際のところ、2018年ごろまではF-35Cは海軍で運用試験中だったから、実戦参加しようにもパイロットの訓練が間に合わなかったでしょうし、使い慣れたF/A-18を選定するのが妥当だったんでしょう。

 

 

一つ見どころをあげるなら、ラストの空中戦に駆けつけるF/A-18Eにご注目を。
両翼に爆弾を吊ったままでした。空対空ミサイルに換装せず、待機状態からそのままおっとり刀で上がってきたんですね。