F1日本GP(in 鈴鹿サーキット)決勝

良く晴れて暑くなった今日、F1日本GP決勝を見に行ってきました。

日本GPin鈴鹿には、2005年から毎年行っています。2009年以降はずっと1コーナーのA2席で観戦していましたが、A2席が今年はなくなってしまい、代わりにシケインのQ2席で観戦しました。初めてのQ2席です。ネットの前評判がよかったので決め打ちでQ2席にしたのですが、ここは本当に良かったです。Q2の上段に座ることができまして、最終コーナー~2コーナー~ダンロップコーナー~デグナーカーブ入口~シケイン全体と、コースの三分の一くらいが見渡せました。お値段以上の価値ありでした。

 

レースは、メルセデスのL.ハミルトンが安定した走りで終始トップを守りきり、優勝しました。おめでとう!

フェラーリのS.ベッテルは早々にリタイアしてしまい残念、なお、場内放送ではスパークプラグが1本故障したとか言っていましたが、プラグの故障って初めて聞きました。本当に?

一方で、フェラーリのK.ライコネンはスタートは出遅れたものの抜きつ抜かれつを繰り返し、5位入賞を果たしました。頑張った!

K.ライコネンというと、2005年の鈴鹿で最下位スタートから優勝したという伝説の走りを思い出します。というか、ライコネンの場内紹介では、いつもその話をしています。

(私、2005年はスプーンカーブの自由席で見ていまして、ウイニングランのライコネンが手を振りながら走っていったのを覚えています。)

 

今回は、席がコースに近く、またシケイン出口でマシンが減速しているため、迫力のある写真が取れました。(ややピントがあってないです。残念。)

 

f:id:Kawataka:20171008142019j:plain

 K.ライコネン シケイン出口 (10/8 14:05ごろ)

 

f:id:Kawataka:20171008154644j:plain

 ウイニングランのL.ハミルトン 手を振ってくれています。(15:30ごろ)

 

f:id:Kawataka:20171008154658j:plain

表彰台へ

 

それから、レース前に陸上自衛隊のヘリ4機が展示飛行に来ていました。AH-64D、AH-1S、UH-1、UH-60Jです。明野の飛行学校からきたとのことでした。アパッチロングボウは、調達打ち切りで採算がとれなくなった富士重工が国を相手取って裁判を起こしたんです。結局10機くらいしか調達しなかったんじゃないかな。貴重な一機です。

UH-60パイロットは女性とのアナウンスがありました。映画「戦火の勇気」を思い出します。(メグライアンはUH-1のパイロットでしたが)

f:id:Kawataka:20171008133930j:plain

そういえば、2007年の富士スピードウェイではブルーインパルスが飛ぶ予定で、私は期待して行ったのですが、大雨で飛べず。。。悪夢とか地獄とかひどい言われようで、実際にも散々だった2007年日本GPも、気が付けば10年前のことです。その翌年、2008年の富士はまずまず良かったのですが、鈴鹿はさらに良いです。