リズと青い鳥

表題は、響け!ユーフォニアム関連の映画タイトルです。昨年発売された続編の小説をもとに京都アニメーションが映画を作るとのこと。小説では、ホール練で鎧塚先輩が真の実力を発揮してとんでもないことになったので、それをどのように映画化するか、どのような演奏となるのか、非常に楽しみにしています。

というような背景があって、最近、YouTubeリズと青い鳥の番宣動画を見たら、キャラクターのデザインを大幅に変えていたので、ちょっと驚きました。

www.youtube.com

ネットでは、スピンオフ作品という位置づけ、と書かれていました。ですが、スピンオフでキャラデザインを変えるのは、あまり例がないような気がします。(スピンオフはドラえもんでも名探偵コナンでも制作されていたと思いますが、キャラデザインは踏襲でした)デザインから変えたスピンオフアニメは、ほとんどないんじゃないかと思います。響け!ユーフォニアムの世界観をベースにしつつ、オリジナルの世界を創るんでしょう。それはそれでとても楽しみ。

ただ、そうすると、もしかしたら、演奏には力点を置かないのかもしれない。番宣を見ると人間関係メインの映画になりそうだし。オーボエの覚醒は画像だけで表現するのかもしれないし、自由曲、課題曲も新作にはならないのかもしれない。そうだとするとちょっと残念。せっかく劇場の音響で聞けるのに。。。

 まあ、「リズと青い鳥」とは別に「久美子二年生編」も映画になるし、そっちでは確実に演奏が聞けるはず。また劇場に足を運ぼうと思います。

 

あと、昨日今日と文化センターへ子供の送迎でした。つごう4往復、午後はずっと車に乗っていました。パーカスの技術が身についてくれれば。