読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校吹奏楽 重奏、個人コンテスト県大会

子供は出場していませんが、聴きに行くということで、送迎をしてきました。ついでにソロと重奏を少し聞いてきました。

子供の中学校の金管重奏は、12月のアンサンブルコンクールよりも上手くなっていたと思います。来シーズンは期待できそうです。

重奏は、当方程度の耳でも、上手い下手がわかりました。出だしがきちっと合って、終わりがきちんと揃って、ピッチがあっていたら、それだけでも、上手く聞こえます。(当たり前のことを言ってますね。)

まずは、お互いの音を聞いて合わせましょう。練習すればできるはずです。

なんというか、上手い下手がきっちりわかってしまうのは、練習不足が晒されてしまうのは、酷ですね。

ソロのほうは、さすがに音を外したりリードミスはなかったです。

また、演奏後のお辞儀も、練習しているかしていないか、がすごくよくわかります。上手い学校は、例外なく、統一感のある起立/礼をしていました。