吹奏楽の楽譜

先日、実家に帰った折に、中学校の卒業アルバムを探していたら、段ボール箱の中から、昔の楽譜が出てきました。しまっていたことを完全に忘れてました。20年ぶりに見ました。

中央がオッフェンバックの「地獄のオルフェ」(以前に天国と地獄書きましたが不正確でした)、右上がエルガーの「威風堂々」です。たぶん、高校の吹奏楽クリスマスコンサートで演奏した曲と思います。

このほかにも、中学高校で使った楽譜が一式出てきました。懐かしいのですが、当時のコンクール曲の楽譜は、今でも冷静には見られません。。。

f:id:Kawataka:20170211082210j:plain

バレンタインデー

今日はバレンタインデー前夜ということで、奥さんと娘からお菓子をいただきました。

奥さんはオペラ、上の子はマドレーヌ、下の子はチョコブラウニー、全部手作りでした。

オペラは5cm×20cmくらいあるので、一度には食べられず、数日かけて食べていきます。さすがにバレンタインデーにオペラをチョイスするだけあって、味は気合入ってます。ダロワイヨと比べてもまったく遜色なし。さすがです。

ブラウニーは皿に一盛りいただきました。完食です。さらっと食べられました。

マドレーヌは日持ちするように密封包装されておりましたのですが、これも直ちに完食。

いずれも友チョコのあまりらしい。最近は、女の子同士でチョコを交換するとのことで、数十年前とは感じが変わっているようです。そのうち、男の子同士でもチョコを交換するのではないかと。

打ち上げ

昨日は地元のお祭りの打ち上げに同席させてもらいました。全く作業していないのに、恐縮でした。

同い年のメンバーが10人前後集まっておりまして、プチ同窓会のようでした。20数年ぶりに再開し、楽しく話をさせてもらえました。みんな、昔の面影が残っていて、顔と名前が一致します。さすがです。

そして、今日は、昨日会えなかった昔の友人と、4時間(!)くらい話し込んでしまいました。一人とこんなに話をしたのは、本当に久しぶりです。なんというか、うれしい限りです。

二日酔いを引きずって、朝と晩は食事ができず、昼のうどんだけで一日過ごすことになりましたが。。。

中学校吹奏楽 重奏、個人コンテスト県大会

子供は出場していませんが、聴きに行くということで、送迎をしてきました。ついでにソロと重奏を少し聞いてきました。

子供の中学校の金管重奏は、12月のアンサンブルコンクールよりも上手くなっていたと思います。来シーズンは期待できそうです。

重奏は、当方程度の耳でも、上手い下手がわかりました。出だしがきちっと合って、終わりがきちんと揃って、ピッチがあっていたら、それだけでも、上手く聞こえます。(当たり前のことを言ってますね。)

まずは、お互いの音を聞いて合わせましょう。練習すればできるはずです。

なんというか、上手い下手がきっちりわかってしまうのは、練習不足が晒されてしまうのは、酷ですね。

ソロのほうは、さすがに音を外したりリードミスはなかったです。

また、演奏後のお辞儀も、練習しているかしていないか、がすごくよくわかります。上手い学校は、例外なく、統一感のある起立/礼をしていました。

 

響け! ユーフォニアム サントラ

先日、響け!ユーフォニアムをレンタルして観たのに続き、サントラを借りてきました。アニメで演奏されていた吹奏楽の曲が聞けます。
一部の曲は下手ver.と上手ver. が収録されていて、比べられるようになっています。下手ver. は誰が聞いても下手と分かるようになっていて、意外と演奏は大変だったのではないかと。
オープニング曲が吹奏楽ver. で収録されています。素敵な仕上がりです。途中のオーボエとピッコロ(フルート?)とパーカスの掛け合い、いいですね。吹いてて楽しいだろうなー。
美中の美、天国と地獄 は私も演奏したことがあります。どちらも演奏していて楽しい曲でした。懐かしい。
三日月の舞はアニメのためのオリジナルらしく、製作の本気度がうかがえます。トランペットのソロ、きれいです。あと、コンクール課題曲は、実際に2015年の吹奏楽コンクールの課題曲です。凝ってます。
凝っていると言えば、アニメで京都の風景が丁寧に描かれていました。京都コンサートホール京阪電車、最終回の四条界隈、良く出来てます。宇治にはあまり行ったことがないのですが、通学路の橋など、そのままの風景なのでしょう。

サントラ、車中で聞きながら出勤します。やる気が出そう。

ご祈祷その2

今日は、国府宮神社でお祓いを受けて来ました。16時ぎりぎりに申し込んだので、私のほかには5人くらいしかおらず。
その後でお祭り地区実行委員の方に協賛金を渡し。参加できないのは少し申し訳ない。20年ぶりに同級生と会いました。懐かしい。

そういえば、Googleの音声検索で 国府宮神社 と言うと認識しませんでした。が、 尾張大國霊神社 と言うと、ちゃんと認識しました。面白い。

ご祈祷料5,000円

響け! ユーフォニアム

表題は、京都宇治の高校吹奏楽部を舞台にしたアニメです。2015年の深夜アニメだったそうで、DVDを借りてきて、通して見ました。

面白いです。吹奏楽部の日常をほぼそのまま再現してます。特に後半はリアルな吹奏楽の練習風景を描いています。コンクール前の緊張感、伝わってきます。くどいですが、リアルで面白いです。

主人公の楽器がマイナー楽器のユーフォニアムなのがいいですね。テンション上がります。原作者、ユーフォやってたんでしょうか。ユーフォ以外にも、チューバやコントラバスが毎回出てくるのは、中学・高校とチューバをやっていた者としては、うれしいです。ローブラスはいつも目立たない存在でしたから。

思い出補正かもしれませんが、ローブラスパートは一体感があったように思います。アニメと同じです。アニメのトランペットのように誰がソロを吹くか、とかギスギスすることはなかったです。(そもそも、ソロはほとんどないのですが)

チューバの初心者の子が、最初はトランペットやりたくて入部したのにチューバに回され、魅力が分からず落ち込んでたけど、次第になじんで、最終話では低音パートでよかった、とか、チューバの肺活量なめんな、とか言い出すあたり、「チューバあるある」です。制作者はチューバ経験者にヒアリングしていると思います、絶対。来年はぜひコンクールメンバーに選ばれてもらいたい。

 

 

あと、チューバの2年生の発言でツボにはまったのは、

「なぜかチューバのせいと怒られる」

「チューバのいいところは、いいところがないところ」(だったか?そんな感じ)

本当にその通り。

 

また、コンクールメンバーから漏れた子等について、最後に一話を割いて、サポートの活躍も描くところは、好感が持てました。現実にも、オーデイションで外れることはあって、うちの子供も今年はそうだったのですが、メンバーでなくても、できることはあります。そして、くさらずへこまず、次を目指して頑張ってください。

 

自分の高校時代を振り返ると、あんなに練習していなかったです。朝練には参加しなかったし、昼練も時々しか参加しなかったし。自分は全国大会を目指すレベルでは到底なかったと思います。(子供らの前では吹奏楽経験者としてえらそうにふるまってるが)当時、トランペットやサックスにうまい人が何人かいて、中学校のとき大編成で全国大会に出たレベルの人もいて、その人等のおかげで、大会に連れて行ってもらえた、そんな状況だったと、いまさら理解しました。

 

細かい話ですが:DVDの表に楽譜が書いてあります。ユーフォの譜面で「きらきら星」です。アニメの5話だったか、チューバ+ユーフォ+コントラバスで練習合奏したのがきらきら星なので、それを踏まえたイラストです。楽器をやめたのは20年以上前ですが、簡単な楽譜なら今でも意外と読める!、とちょっと嬉しかったです。